【教育心理学】知っていれば応用が利く!子育てに役立つ心理学5選【まとめ】

保護者必読
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは!
放課後kidsライターのボスゴリラです☆

私は、子供3人を育て、児童福祉関係の仕事に20年以上携わり、現役子育て世代の親子関係の悩みを聴き、その中で得た気づきや、学びを発信しています。

今、子育てに色々な悩みを抱えている世代の人たちは、日々試行錯誤で子育てに奮闘しているかと思います。

頑張っている皆さんの役に立てる子育てで使える知識を発信して、日々、楽しくてワクワクする子育てを実践していただければ幸いです。

今回、記事にさせてもらったのは『【教育心理学】知っていれば応用が利く!子育てに役立つ心理学5選【まとめ】』です。

私は、子供と関わる仕事をしながら、自分でも子育てをしていて、子供に囲まれている生活をしています。

子供と関わる事が多い中で、「私が無知だと、いつも一緒にいる子供達がかわいそうだ」と考え、心理学&脳科学に興味を持ち、子供達に効果的な関わりを実践するために日々勉強をしています。

学校で勉強した知識や本から得た知識で子供にストレスを与える事を少なくし、また、子育てに対する自分のストレスを軽減することに成功しています。

子育てに対するストレスが軽減することによって、自分の人生を充実させることができます。

また、自分の人生を充実させることに成功すれば、子供にも人生を楽しんでいる姿を見せる事ができて、子供も「パパのように毎日楽しみたい!」と、希望を持ってくれます。

子供が自分の人生を楽しみたいと思ってくれれば、自分の人生で何が必要かを考え、子供なりに必要な物を吸収して、のびのび成長してくれます。

まずは自分の人生を充実させるためにも、子育てを上手にストレスなくこなすことは大切な事です。
子育てを上手にこなすとは、「自分なりに勉強して知識をつけ、自分なりに行動する」ことです。
子供からしたら親はあなたしかいません。

あなたが一生懸命取り組んでいる姿を見せる事が、子育てを上手にこなすことでもあります。

自分で、子育てを考え実行するには『知識』が大切です。
自分の為にも子供の為にも、知っておいた方がいい事は沢山あります。
自分の望む未来&子供の望む未来をを目指して、子育てを楽しんでいきましょう。

最初は何となくでもいいので、自分の為に知識を増やしましょう。
それが、まわりまわって子供の為になると信じています。

教育心理学でよく言われる心理効果5選

心理学で子育てはラクになる(1/5) by メンタリスト DaiGo
【参考動画】心理学で子育ては楽になるhttps://youtu.be/eJvCMSy-VJM

ウィンザー効果とは

直接本人から伝わるよりも
第三者を介して伝えた方が
信憑性が増したり、
影響を与えることができる心理効果です。

参考記事:【子育てに役立つ心理学】体験談!子供に自信を持たせる効果的な方法【ウィンザー効果】

カリギュラ効果とは

カリギュラ効果(カリギュラこうか)別名カリギュラ現象とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう。
例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる。

参考記事:【子育て心理学】カリギュラ効果を知れば子供に『○○したらダメ』とは言わない【反発衝動】

ブーメラン効果とは

ブーメラン効果とは心理学の世界では「説得の逆効果」とも言われている心理学的現象です。
これは相手に期待する効果を与えようと説得をすると、かえって逆の効果が起きたり、逆の行動をとったりしてしまうという現象を意味します。

参考記事:【子育て心理学】ブーメラン効果を知っていれば自主的に行動する子に育てられる【気付かせる】

ラベリング効果とは

ラベリング効果とは、他人から「あなたはこういう人だよね」と言われ続けると、本当にその通りの人間になってしまう現象を指します。日本語では、「レッテル貼りをする」なんて言われることもありますね。

参考記事:【子育てに使える心理学】ラベリング効果で理想通りの子どもを育てる【ラベリング効果】

エンハンチング効果とは

エンハンシング効果とは、報酬などの外発的動機づけを利用して、結果的に活動自体から得られる快感や満足感といった内発的動機づけを高めることを指します。

参考記事:【子育てで役立つ心理学】子供のやる気が出ない時に知っておきたい心理効果【エンハンチング効果】

まとめ:知識があれば子供も大人もストレスフリー

今回の記事は、今まで書いてきた教育心理学の記事をまとめた記事になっています。

今回、本当に私が伝えたい事は『「知識」があればいろいろな角度からのアプローチができるので、自分の子供に合った子育てができるようになる』と、言うことをお伝えしたかったのです。

私が発信している事だけでなく、教育心理学は幅広く研究や検証が進められていて、今この時にも新たな心理効果の発見がされているかもしれません。

現役子育て世代の皆さまには、もっともっと教育心理学の知識を深めてもらって、自分と、自分の子供の為に楽しい毎日を送ってほしいと心から願っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました