【心優しい】放課後等デイサービスにいる思いやりタイプの特徴【保護者必見】

保護者必読
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは!
放課後kidsライターの放課後マンです☆

私は、子供3人を育て、児童福祉関係の仕事に20年以上携わり、現役子育て世代の親子関係の悩みを聴き、その中で得た気づきや、学びを発信しています。

放課後kids【子供の特徴シリーズ】では、放課後等デイサービスにはどんな子が通っているのか、
私の職場に通ってきている子をベースに傾向と対策を公開し、おすすめの子育て(指導)方法を記載しています。

今回、記事にさせてもらったのは【思いやりタイプ】このタイプは、言葉も行動もすべての表現に優しさがにじみ出ているタイプです。

近くに理解者がいればグングン成長していくタイプですので、自分の子が思いやりタイプにあてはまっていると思ったかたは、その子の理解者になるように心がけてみてください。

あくまでも個人的な意見ですので、うちの子は少し違うなど、子供それぞれの個体差もあります。
一つの意見として軽い気持ちで参考にしていただき、今後の子育てに役立てくれると嬉しいです。

思いやりタイプ

思いやりのある子に育てる【共感能力の育て方】日常生活に●●を取り入れる
https://www.youtube.com/watch?v=RoiuPlyVBto
思いやりタイプの育て方の動画がありましたので、お時間のある方は是非ご覧ください。

基本的な特徴

人からのお願い事や面倒な頼み事を快く引き受けてくれて、引き受けてくれた後にも、相手に気を使わせるような言葉を使わない生まれつき思いやりを持っている子供です。
一緒にいるだけで、幸せな気持ちを感じさせてくれるタイプですね。

人間関係の特徴

乱暴なコミュニケーションをとるジャイアンタイプとの相性は良い方ではなく、短い時間の関わりでも大きいストレスを感じる傾向にあります。
それ以外の子は、大体相性が良いので、心穏やかに人間関係を構築することができます。

成長の特徴

思いやりタイプは自分のペースで成長する子が多く、他の子とくらべるとゆっくりめの印象です。
天然で人を喜ばせることができる子なので、素直に嬉しい気持ちを表現できる人との関わりができると、どんどん成長していきます。

おすすめの指導方法

その子に身に着けてもらいたいスキルを見極め、行動させたい方向に導いてあげる事がポイントです。
スキルの差は個人個人違いがあるので、スキルを見極めることが一番のポイントといえるでしょう。

また、天然で人を幸せにすることができるので、その言葉や行動をそのまま持って成長させたいと思う方は、人が幸せになれる言動が出た時に、その都度、その言葉かけで私は幸せになれたよ。その行動のおかげで私は嬉しいよ。
など、うれしくさせてくれてありがとう、と感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

天然で人の気持ちを幸せにすることができるので、その才能を伸ばしてあげれるような関わり方をオススメします。

まとめ

天然で人を幸せにできる子は、自分も心から幸せになりたいと思っている傾向が強く、
自分の言葉かけで喜んでくれていると理解すると、自分も嬉しくなってどんどん周囲に幸せを振りまいてくれます。

幸せを振りまくことができる人の周囲には、自然と人が集まり、いろいろな経験や助けが得られるので、濃厚な人生を送る可能性が高くなり、早い段階で自分の宿命や運命に気づけることが多くなります。

心優しい子供たちにはさらなる高みを見せてあげるのもいいかもしれませんね。

追記

思いやりタイプの子は、無意識で人を幸せにすることができるタイプの子です。
幸せを周囲に振りまくことができる才能を伸ばしたいと考えている方は、うれしい気持ちを素直に表現し返してあげてください。

放課後等デイサービスの職員は子供のよき理解者になってくれます、ご自身が住まわれている地域にもありますので、ご興味がありましたら下記の記事をご参考にしてみてください。

【放課後等デイサービスの利用条件】⇒https://houkagokids.com/conditions/
【放課後等デイサービスを利用するまでの手順】⇒https://houkagokids.com/procedure/
【放課後等デイサービスの利用料金】⇒https://houkagokids.com/cost/

【関連記事】
【子育てに役立つ心理学】体験談!子供に自信を持たせる効果的な方法【ウィンザー効果】
【子育て心理学】カリギュラ効果を知れば子供に『○○したらダメ』とは言わない【反発衝動】
【子育て心理学】ブーメラン効果を知っていれば自主的に行動する子に育てられる【気付かせる】
【子育てに使える心理学】ラベリング効果で理想通りの子どもを育てる【ラベリング効果】

コメント

タイトルとURLをコピーしました