【パパの子育て】育児は頑張らなくていいよね【親父目線】【ストレス】

保護者必読
この記事は約5分で読めます。

皆さんこんにちは!
放課後kidsライターのボスゴリラです☆

私は、子供3人を育て、児童福祉関係の仕事に20年以上携わり、現役子育て世代の親子関係の悩みを聴き、その中で得た気づきや、学びを発信しています。

今、子育てに色々な悩みを抱えている世代の人たちは、日々試行錯誤で子育てに奮闘しているかと思います。
頑張っている皆さんの役に立てる子育てで使える知識を発信して、日々、楽しくてワクワクする子育てを実践していただければ幸いです。

今回、記事にさせてもらったのは『【パパの子育て】育児は頑張らなくていいよね【親父目線】』です。

私が子育てをしている人たちに伝えたい事は『子育ては頑張るもんじゃない』ってことです。

「子育ては頑張らないとだめでしょ!」って意見が多いかもしれませんが、正直頑張らなくても子供は育ちます。
時間と共に、子供は確実に成長しています。

子育てに熱心なのはすごく良い事です。
でも、頑張って熱心に育てるのは違いますね。
その『頑張り』は「ストレスなく取り組めていますか?」「子供にプレッシャーをかけていませんか?」

自分や子供にストレスをかけながら『頑張る』なんてことはしなくてもいいですよ。
子供は自ら色んなことを吸収して育ち、大人になって社会に出ていくので、その成長を暖かく見守ってあげましょう。

【関連記事】
【子育てに役立つ心理学】体験談!子供に自信を持たせる効果的な方法【ウィンザー効果】
【子育て心理学】カリギュラ効果を知れば子供に『○○したらダメ』とは言わない【反発衝動】
【子育て心理学】ブーメラン効果を知っていれば自主的に行動する子に育てられる【気付かせる】
【子育てに使える心理学】ラベリング効果で理想通りの子どもを育てる【ラベリング効果】

無意識に子供にストレスを与える【隠れ毒親】にならないために
https://youtu.be/TxhQLcMly6c

自分と子供にストレスがかかるなら『頑張らなくてもいい』

子育ては結婚して子供を授かった家庭であれば大切なイベントです。
子供の成長を感じ、沢山の『喜び』や『楽しい』という感情が湧き出てくる大きなイベントですね。

昨日できなかったことが今日できるようになっている。
そんなことが毎日発見できて驚かされます。
正直、感動の毎日です。

その感動を毎日感じる素敵な日々に『ストレス』をかけるなんて水を差すような真似していたらもったいないですよね。
この記事を読んで、穏やかに日常生活を送りのびのび育てていける工夫ができるようになりましょう。

子育てでストレスを感じる理由

親が言う通りの行動をしない

子供が親の言う事を聞かない時などにストレスを感じる事があります。
「なんでダメって言ったのに、そんなことしちゃうんだろう」なんて考えてしまいます。
では、なんで子供は親の言う事を聞かない時があるんでしょうか。

「子供が理解していなかったり」「言われたことよりもやりたいことがあった」など、状況によって色んな理由がありますね。
その理由を聞いてみたら言う事を聞かなかった理由がわかりますね。

その理由に応じて対策を打つという考え方を持っていればストレスを軽減させる事ができますね。
大人でも子供でも人間は誰もが失敗をするので、次に失敗をしないように対策を打ってあげましょう。
人間は、成功と失敗の繰り返しで成長していくことを覚えておきましょう。

子供の実際の成長と理想の成長の仕方にギャップがある

あなたは理想の子供像を持っていますか?
その理想の子供像を抱いているかたはストレスを感じる事が多いでしょう。

思いやりのある優しい子に育ってほしい、頭の良い子に育ってほしいなどなど、子供に対して「こんな風に育ってほしい」と、願望がある人は良く考えてみてください。
自分がどうやって成長してきたか考えた時に、「自分がこうなりたい」「できるようになりたい」って思って目標があって成長してきませんでしたか?
人間って自分が思った通りに成長することはできるけど、他が思う通りに成長ってできないんですよね。

また、子供を育てていく事は、自分の成長の過程を『復習』するようなイメージを持って子育てをしている方も多いかもしれません。
しかし、残念ながら『復習』のイメージは変えなければいけないかもしれません。

なぜなら、あなたが育ってきた環境と今の子供が育つ環境は全く違うからです。
今の子供は昔の子供よりはるかに魅力的な娯楽に囲まれて育っています。
色んな誘惑と戦いながら日々生きています。
その誘惑と上手に付き合いながら成長させるためには、ゲームでたとえるなら、親がゲームを上手に報酬として使い、
子供の好奇心や向上心をくすぐるような子育てができるといいですね。

子供がストレスを感じながら育つと

子供に過度なストレスを与え続けると、逃げ場のない子供の場合ストレスが脳を委縮させて脳の成長を妨げます。
脳の萎縮があると、認知機能や運動機能の成長が遅れたり、記憶力の低下や学習機能にも影響が及びます。
脳の成長は子供の成長にとって大切な事なのです。
穏やかに子育てをして、ストレスない状態でのびのび育てるのが、自分にとっても子供にとっても幸せな事です。

まとめ

子供に期待を込めて熱心に子育てをしている気持ちもわかります。
しかし、頑張って子育てをしてストレスを感じたり、子供にストレスを与えていると、脳の成長には悪影響だという事は知ってほしいです。

毎日、自分や子供はどのように生活できるようになれば幸せか?ということを念頭に置いて、子供のありのままを受け入れ
のびのび育てることが、子供が大きく成長する秘訣だと思います。

全国の子育てを頑張っている保護者の方も、一息つけるときは一息ついて、のんびり子供を育てていきましょう。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
【子育てに役立つ心理学】体験談!子供に自信を持たせる効果的な方法【ウィンザー効果】
【子育て心理学】カリギュラ効果を知れば子供に『○○したらダメ』とは言わない【反発衝動】
【子育て心理学】ブーメラン効果を知っていれば自主的に行動する子に育てられる【気付かせる】
【子育てに使える心理学】ラベリング効果で理想通りの子どもを育てる【ラベリング効果】

コメント

タイトルとURLをコピーしました